NLPで便秘が治った!


NLPプラクティショナーコースの体験談をご紹介します。
掲載の許可をいただいています。


私は子どもの頃からずっと便秘に悩んでいました。

子どもの頃は便が出ないので、便座に長い時間座らせられていたことを覚えています。

今は便秘との付き合い方がもう十分に分かっています。
何時に薬を飲めば、何時に出るということが分かっています。
これが体質だから悩んでも治るものでもない、しようがないと思っていました。
悩むというより、当たり前になっていたのです。

NLPの講座の中でワークをするときに、ふとこの便秘のことを思い出して、それをネタに出してみたのです。

それはポジション・チェンジ(※)の応用的な使い方を習っているときで、便秘をイメージ化して第2ポジションに座らせて、便秘と話すワークをしたのです。

便秘に話しかけられたりして、普通にはありえないことでウケるという感じでした(笑)。

「便秘さんは何と言っていますか?」
「あなたの一部です。・・・」

などとスッと言葉が出てきて、ありえないと思いつつ不思議な感じでしたね。

ただ、便秘の気持ちなんか分かるはずないし、こんなことして本当に変わるのだろうかと思っていました。

ところが、翌日から便が出るようになったのです。
不思議です。

すぐにこのことを田中先生に報告しようと思ったのですが、
毎日出ないと便秘が治ったとは言えないので、2週間毎日出たら報告しようと考えていました。

すると毎日出たのです。
そしてちゃんと報告できました。

やはりうれしいですね。
嬉しいし、NLPが効果があるということが実感できました。
NLPがいろんなことに活用できるという道筋が見えた気がして、ワクワクしてきました。

便秘が治っただけでもNLPを学んだ甲斐がありました。
一生便秘の薬を買い続けることを考えると、一生分の薬代がうきました(笑)。
もうNLPの受講料分は出たかもしれません(笑)。

本当に感謝しています。

(40代女性 ダンス講師 M.Oさん)

※NLPのテクニックの名前です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です